ページの本文へ

Hitachi

日立ターミナルメカトロニクス株式会社

設計、試作段階など、製品を量産化するまでの各フェーズで製品組立性をチェックすることで、コスト・納期・品質面からお客さまの製品に最適な製品生産方法を検討・ご提案します。

サービスの特長

最適な製品生産方法を提案

製品を効率的に、低コストで、品質を担保しながら安定的に生産するためには、「組み立てやすい」製品をつくることが重要です。
当社では、製品の設計段階から開発・製造部門と連携して「製品の組み立てやすさ(製品組立性)」を検討し、最適な製品仕様・量産に向けた生産ライン案などを提案します。

  • 試作・組立改善を行い、製品組立性評価の強化・充実を図っています。
  • 3Dモデルや実機、評価マニュアルなど、さまざまなツールを用いて製品の組立性評価を行います。
  • 検討した組立方法でシミュレーションを行い、製品組立の動画手順書を作成します。

取り組み事例

  • 検体検査自動化装置
  • 券売機ユニット

生産準備支援サービスに関するお問い合わせ生産準備支援サービスに関するお問い合わせは、日立チャネルソリューションズ 生産受託サービス(担当:日立ターミナルメカトロニクス)に関するお問い合わせフォームよりご連絡ください。

生産受託サービスに関する
お問い合わせフォームへ